fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

moyai

Author:moyai
興味の範囲はごく限られ、実用的なものはほとんどないかも。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

ランキングに参加しました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

吉田修一 『怒り』 映画の前に原作を

2016.07.21 23:19|小説
 『パレード』『横道世之介』『悪人』などの吉田修一の作品。
 ちょっと前の作品ですが映画の公開が9月に迫っているということで……。
 映画版は『悪人』を監督した李相日の作品で、キャストがかなり豪華な布陣です。主役としては渡辺謙ということになるのでしょうが、ゲイ役の妻夫木聡綾野剛も気になるところですし、きわどい場面が予想される広瀬すずや、原作では軽度の知的障害(?)がある難役には宮崎あおいが扮するというのも見所かもしれません。とにかく話題作になることは間違いないと思います。

怒り(上) (中公文庫)


怒り(下) (中公文庫)




 原作はミステリー仕立てになっていて、八王子で起きた殺人事件の犯人である山神を刑事が追う形でスタートします。山神は犯行現場から逃げ、顔を変えてどこかに潜んでいます。そして、東京・千葉・沖縄の3つの地域を舞台に来歴不明の男が登場して、その3人の誰が山神なのかというのが読者の興味となっていきます。
 もしかすると犯人かもしれない3人の男は、まったく社会との接点がないわけではなく、それぞれの場所で多少なりとも親密な関係があります。しかし、山神のニュースが世間の注目を集めるようになり、その顔写真が公開されたりもすると、それまでの関係に変化が生じることになっていきます。

映画版『怒り』のキャスト陣はこんな感じ。

 ブログなんかでほかの人の感想を読むと、この作品のテーマは「怒り」ではなく「信頼」だと書かれている方が結構多いようです。確かに最後の泣かせどころはそこにあるような気もしますが、個人的には登場人物たちが抱えるぶつけようのない「怒り」のほうに惹きこまれてあっという間に読み終えました。
 たとえばゲイにとってはノンケという世間の大部分を占める人たちからは理解されることは難しいでしょうし、障害を抱えたぽっちゃりした女の子が世間並みの幸せをつかむことは至難のわざなのかもしれません。また、沖縄では未だに基地問題があり、女の子は米兵に暴行を受けたりする事態が起きたりもします。
 そうした事態に対してわれわれ個人が「怒り」を表明したとしてどうなるのでしょうか? 多分、押しつぶされてしまうのでしょう。基地問題に関して沖縄で大きな抵抗運動が生じても、政府のやっていることは何も変わったようには見えませんし、それどころか9条を改正しようとまで画策しているようです。そんな意味ではとても無力さを感じます。
 この作品では山神の本心はほとんどわかりませんが、メモに書きなぐったものが一部残されていて、そこには「電車遅延で駅員をドーカツ」している人や、「ファミレスで店員に苦情」を言っている夫婦について書かれています。山神はそうしたクレーマーのような人物を小馬鹿にしているわけです。メモを見た刑事はその言葉を見て、何かに怒ったところで状況はよくならない、すべてを諦めてしまった人間なんじゃないかと山神のことをプロファイルします。つまりは山神も大きな壁にぶつかって「怒り」を抱えつつも諦めてしまった人間なのでしょう。しかし、あることが原因でキレてしまい事件を起こしてしまうことになります。

 とにかく今の日本はどうにも無力感に支配されているようにも思えます。この作品で来歴のない人物が何人も登場するのは、山神のような犯罪者ばかりでなく、世間という何だかよくわからない壁と闘うのを諦め、ひっそりと生きていくのを選択した人が少なからずいるということなのでしょう。
 『怒り』の最後には希望が込められている部分もありますが、同時に山神を追っていた刑事の側にいた女性は闘うことを拒否して逃げ出すことを選びます。彼女にも「怒り」はあるのでしょうが、それを押しつぶすほどの無力感が世間並みの幸せすらも放棄させてしまうのです。
 「怒り」は行き場を失っているようです。たまさかそれが爆発すると山神のような事件になってしまうわけですが、真っ当な「怒り」を受け止める場所はあまり見当たらない気がします(政治には希望よりかえって「怒り」を覚えるのが普通でしょう)。これは何とも悲しいことです。こうして愚痴ればいいわけではないのはわかるのですが……。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『怒り』 闘うには相手が悪い

 監督・脚本は『悪人』『許されざる者』などの李相日。  原作は『悪人』の吉田修一で、6年ぶりの李監督とのタッグとなる。  音楽は坂本龍一。  八王子で夫婦が惨殺される事件が発生する。その事件の現場には被害者の血で書かれた「怒り」という文字が……。犯人の山神のことはすぐに特定されるものの、山神は捜査網を掻い潜って逃げてしまう。  その1年後、物語は3つの場所を舞台に進行...

「怒り」

愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身を、そして自分が存在する世界の全てをも否定されているのではないかと感じた時の…「怒り」。以下、多少のネタバレ含みです。1年前の夏、八王子で起こった夫婦殺害事件。陰惨な現場だった。犯行現場の家の壁には血文字で「怒り」の文字が残され...

「怒り」涙さえ出てこなかった…。

[怒り] ブログ村キーワード  日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。  東京・八王子で夫婦殺人事件が発生。現場には“怒”の血文字が残されていた。刑事・南條(ピエール瀧)や北見(三浦貴大)等の懸命の捜査にも関わらず、犯人は顔を整形し逃亡。そして1年が経過した…。  《千葉》‐‐家出した娘・愛子(宮...

怒り

 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、空中から見た街(八王子)の光景。蝉の声が高まる中、カメラは次第に一軒の家に近づきます。なんと、その家の浴室では人が殺されているのです。一体(女性)は、浴槽の中に、もう一体(男性)はその外に。その...

疑い、そして・・・

4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京 大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知...